NEWS

SEO対策とリスティング広告の違いと効果的な組み合わせ方

SEO対策とリスティング広告

SEO対策とリスティング広告はどちらもGoogleやYahoo!などの検索結果に表示させる施策ではありますが、その違いはしっかりと把握していらっしゃいますでしょうか。

    1. 「リスティング広告で成果が出ているからSEO対策は後回しでもOK!」
    2. 「SEOで上位表示されているから、リスティング広告なんてやらなくてもOK!」

中にはそんな風にお考えの方もいるかもしれません。しかし、以上に対する答えはNOです。SEO対策とリスティング広告では違いがあり、両方をしっかりと対策することで相乗効果を生み出すことができます。今回はSEO対策とリスティング広告の違いと効果的な使い分け方をお伝えいたします。

リスティング広告とは

リスティング広告とはYahoo!やGoogleなどの検索結果、上部と下部に表示される広告のことです。

検索キーワードに連動させて広告を表示させることができます。広告がクリックされるたびに課金される、クリック課金制となっていて、クリック単価はオークション制で決められるため、同じキーワードで出稿している広告主の影響をうけ、クリック単価が変動します。

リスティング広告の例

SEO対策とは

SEO対策は「検索エンジン最適化」の意で、Yahoo!やGoogleなど検索エンジンの検索結果画面(広告の下)に表示されます。

検索結果への掲載自体は無料で行うことができ、より上位に表示されるようにユーザーの利便性やGoogleのアルゴリズムに合わせ、サイトの改善を行うことで検索結果の順位を上げる対策を行います。

SEOの例

SEO対策とリスティング広告の違い

リスティング広告とSEO対策では大きく分けると、表示場所、料金、ターゲティング、即効性、クリック率が異なります。

表示場所

    1. SEO・・・検索結果ページの中、自然検索枠に表示
    2. リスティング・・・検索結果ページの上下段にある広告枠に表示

料金

    1. SEO・・・無料
    2. リスティング・・・クリック課金

ターゲティング

    1. SEO・・・ターゲットを詳細に調整しずらい
    2. リスティング・・・設定の変更によりターゲットを詳細に設定することができる

即効性

    1. SEO・・・効果が現れるまで時間がかかる
    2. リスティング・・・即効性は高い

クリック率

    1. SEO・・・高くなる
    2. リスティング・・・SEOに比べクリック率は低い

SEO対策とリスティング広告の効果的な使い方

SEO対策とリスティング広告では以上のように違いがあります。それぞれの違いを活かしてマーケティングに取り入れることが必要です。具体的にどのように利用すると効果的かをご紹介いたします。

お客様の検討状況によって使い分ける

クリックの傾向として、SEO対策は情報を探している最中のユーザーのクリックが多くなる傾向がございます。そのため、SEO対策ではキーワードの検索意図をくみ取り、ユーザーがほしい情報に応えるコンテンツと、「問い合わせしよう!」と気持ちを作っていくためのユーザーとの関係づくり、ユーザーの行動の組み立てが重要になります。

反対にリスティング広告はリスティング広告は購入や申込をしたい、具体的に比較検討を開始しているユーザーからのクリックが多くなる傾向があります。また、SEOとは異なり、クリックが起こるたびに費用が発生するので、反響につながる可能性がより高いユーザーからのクリックを集める必要があります。そのために、リスティング広告のデータ分析を行い、常に配信設定は最適化することが重要です。また、広告リンク先のページでは商品やサービスに関する情報をきちんとわかりやすく伝え、購入や申込の方法をわかりやすく明確に表示させることが重要となります。

短期的な施策でリスティング、長期的な施策でSEOと取り入れる

SEO対策とリスティング広告では効果が出るまでの期間も異なります。その特性を活かし、以下のような効果が出るまでにあまり時間をかけられない場合はリスティング広告を活用することがオススメです。

    1. とにかく直近の問合せが必要
    2. キャンペーン期間中にできるだけ多くの集客をしたい
    3. WEBサイトを作ったばかりなので、早く軌道に乗せたい

1年先を見据えた、長期的な集客を考えるのであれば、SEO対策がオススメです。

先にご紹介したように、お客様の検討段階に応じてSEO対策とリスティング広告を併用することはもちろん重要なのですが、目先の反響にばかり目を向け、SEO対策に手を付けていないと莫大な広告費がかかり続けてしまいます。そのため、将来的にはSEO対策でしっかりと自然検索上部に表示をさせ、無料で集客が出来る状態を目指し、足りないところを補うようにリスティング広告を活用する方法がオススメです。

SEO対策とリスティング広告、どちらか一方では集客は不十分

SEO対策とリスティング広告、どちらも検索結果に表示させるものではありますが、内容には大きな違いがあります。その違いを活かして、活用することでWEB集客はより成果の出るものになります。もちろん、WEBサイトの状況や集客状態、達成したい目標によってもどのような戦略をとるべきかは様々です。

S&Eパートナーズではお客様に合わせたカスタマイズのSEO対策、リスティング広告運用をご提案しております。ご相談いただければ、貴社の今抱えている課題が明確になるはずです。是非一度ご相談下さい!

SEO対策・リスティング広告のお問合せはこちら

  • hatena
  • Facebook
  • twitter
  • google