NEWS

SEO対策はホームページをリニューアルしてから?

「来月ホームページをリニューアル予定で、リニューアル後にSEOを考えています」 「先日ホームページをリニューアルしました。そろそろSEO対策をしようと思って・・」 と上記のように、ホームページのリニューアル前後でSEO対策のお問合せいただく事はよくあります。

もちろん、既存のサイトでSEO対策を行う事はほとんどの場合可能です。 しかし、今ホームページのリニューアル・新規制作をお考えでSEO対策は、「ホームページを作ってから取り掛かろう」そう思われている方!

SEO対策考えるベストなタイミングは、「ホームページのリニューアルの検討と同時期」です。 その理由をご説明します。

サイトの「テーマ決定」とSEOの対策キーワードの深い関係

Googleは専門性の高いサイトを評価することが公式に発表されています。

そのため専門性を高めるためにサイトで扱うテーマを絞る事は非常に重要です。 また、テーマを絞る事によって、そのサイトにどのような情報を蓄積していくかが明確になりますので どのようなキーワードで狙っていくか、そのキーワードで本当に集客につながる検索ボリュームがあるのかを確認しながらキーワード設定をすることが可能になります。

SEO対策キーワードに対応するページが必要

SEO対策を行う上で、理想は1ページ1テーマに絞る事です。 よくある事例では、 メニューが複数あるビジネスをされている場合、 メニューごとの固定のページがなく、1ページに様々なメニューが掲載されているサイトです。

例えば、 歯科のホームページの場合 狙いたいキーワード:「インプラント×東京」だとします。 その場合、インプラントに特化した1ページに比べて、 複数のメニューが掲載されている1ページは、インプラントの情報が薄くなります。 グーグルの評価的にも、ユーザにとっても最適とは言えません。

より専門性を持たせるため、1ページ1テーマに絞りSEO対策を行って事が最適といえます。

ディレクトリ構造はSEO対策で超重要

ディレクトリ(階層)をきちんと整備する事で グーグルもサイトの情報を読み取りやすくなります。

例えば 「インプラント」という親カテゴリのページの下層に インプラントに関する様々な情報があることで 「インプラント」というカテゴリーがたくさんの情報を持っている専門性が高いと評価されるようになります。

反対にこのカテゴリー分けがしっかりとされずに 親カテゴリに様々な情報が入っている事で「関連性」「専門性」が薄れてしまうのです。

まとめ

上記に記載した内容は「ホームページの設計」にかかわる部分です。 そのため、SEO対策をのちのちお考えであれば、最低限上記の内容を認識していただき 設計を行うか、ホームページ企画段階からSEO対策を行う会社にも入ってもらうことを おすすめします。

【PR】16年のWEB集客の実績!神戸S&EパートナーズのSEO対策

S&Eパートナーズの一番の強みは、自社集客で実践して効果があったものを、お客様にもご提供できるところです。Googleの考えに沿った最新のアルゴリズムをいち早く実践したSEOサポートで結果を出します。 ホームページ運営第一歩からのWEB集客のご提案をいたしますのではじめての方でもご安心していただけます。無料サイト診断はコチラから》》》S&EパートナーズのSEO対策 見積もり依頼はこちら

  • hatena
  • Facebook
  • twitter
  • google